CiNii Articles

It has seemed to be used as philosophical base or theoretical assumption. 後から読み返したときに、自分にとって気を付けるポイントが分かりますし、記録を読んだ他の人も参考にすることができます。

20

CiNii Articles

「病みの軌跡」とは 「病みの軌跡」は,コービン(Corbin, J. 100-107, 194-202, 211-219).エルゼビア・ジャパン.2005. 実際に病院を受診したときに、自分が説明したことや、医師からいわれたことも詳しく書いておきましょう。 交流集会主催)中村光江,江崎アサ子:看護のナラティブを共有する-自分の看護を 生き生きと語ろう-.第13回日本腎不全看護学会,福岡市,2010. 第20回日本赤十字看護学会学術集会 示説 ,東京都,2019. 吉田 みつ子, 田中 孝美, 守田 美奈子, 本庄 恵子, 樋口 佳栄, 殿城 友紀, 酒井 千恵, 中村 光江, 田中 晶子, 住谷 ゆかり:アドバンス・ケア・プラニングの実践で看護師が慢性病者・家族と関わるうえでの困難 全国質問紙調査の質的分析結果からの報告 その2. ストラウスとコービンは、慢性疾患を持つ人々に関する数多くの事例を基に「慢性疾患の病みの軌跡」という概念モデルを提示した。 「病みの軌跡」をキーワードとして収集した24 件の文献中、解説11 件、学会抄録7件、研究論文・報告6 件であった。

20

日本赤十字九州国際看護大学 中村 光江

最後に、こうした闘病の時期を経て、現在の生活や心境、心がけていることなどがあれば、具体的に記しておくことで、より長い目で病気の軌跡を捉えることができます。

病みの軌跡を学ぶ—〜看護実践への適用〜 (日本糖尿病教育・看護学会誌 19巻1号)

日本メディカルセンター.2013. 下山節子,江藤節代,中村光江,阿部理恵,水町淑美,桐明あゆみ:事例研究 step up 9 cases.下山節子,江藤節代編. 山本孝治,中村光江:「生活の再構築」の概念分析,第9回日本慢性看護学会学術集会 (示説),大阪.2015. 経過観察での受診では、具体的にどのような検査を行っているのか、数値はどのように落ち着いてきたのかについても、まとめておきます。

7

病みの軌跡を学ぶ—〜看護実践への適用〜 (日本糖尿病教育・看護学会誌 19巻1号)

さらに、具体的にどんな業務で忙しかったか、子供が何歳だったか、介護していた人の状態がどのようだったか、についても記録しておくと、当時の生活の負荷の状態が分かりやすくなります。 第20回日本赤十字看護学会学術集会 示説 ,東京都,2019. 守田美奈子,本庄恵子,吉田みつ子,田中孝美,中村光江,樋口佳栄,田中晶子,殿城友紀,酒井千恵:慢性疾患医療におけるアドバンス・ケア・プランニングの実態:医師と看護師の比較(その1:認識の特性),第38回日本看護科学学会学術集会 示説 ,松山市,2018. 本庄恵子,守田美奈子,吉田みつ子,田中孝美,中村光江,樋口佳栄,田中晶子,殿城友紀,酒井千恵:慢性疾患医療におけるアドバンス・ケア・プランニングの実態:医師と看護師の比較(その2:困難さ),第38回日本看護科学学会学術集会 示説 ,松山市,2018. 樋口佳栄,本庄恵子,守田美奈子,吉田みつ子,田中孝美,中村光江,田中晶子,殿城友紀,酒井千恵:慢性疾患医療におけるアドバンス・ケア・プランニングの実態:医師と看護師の比較(その3:実践課題),第38回日本看護科学学会学術集会 示説 ,松山市,2018. Morita, M. 守田 美奈子, 本庄 恵子, 吉田 みつ子, 田中 孝美, 樋口 佳栄, 殿城 友紀, 住谷 ゆかり, 酒井 千恵, 中村 光江, 田中 晶子:慢性疾患患者・家族へのACPを促進するためのガイドブックの検討 腎不全、心不全、呼吸不全患者へのACP実践のため.第39回日本看護科学学会学術集会(示説),金沢市,2019. 守田 美奈子, 本庄 恵子, 吉田 みつ子, 田中 孝美, 樋口 佳栄, 殿城 友紀, 住谷 ゆかり, 酒井 千恵, 中村 光江, 田中 晶子:慢性疾患をもつ人々への多職種で実践する日本型アドバンスケアプランニングモデルの検討.第39回日本看護科学学会学術集会(示説),金沢市,2019. 田中 孝美, 吉田 みつ子, 守田 美奈子, 本庄 恵子, 樋口 佳栄, 殿城 友紀, 酒井 千恵, 中村 光江, 田中 晶子, 住谷 ゆかり:慢性病者のアドバンス・ケア・プラニングを多職種で実践することへの医療者の認識 全国質問紙調査の質的分析結果からの報告 その1. 次に発病当時の症状をまとめる 次に、前兆の状態をやり過ごすうちに、だんだんと症状がはっきりと出てきた状態について、詳しく書いていきます。

16

病みの軌跡の書き方

Conclusion: Regarded as one of the latest conceptual frameworks, "Illness Trajectory" was in the early stage of use in Japanese nursing. 山本孝治,中村光江:長期療養を経た中年期クローン病患者の経験.第 22回日本難病看護学会学術集会(示説),東京,2017. 喜多悦子,松尾和枝,中村光江:看護系における国際協力に携わる人材育成に 関する研究.第47回日本熱帯医学会・国際保健医療学会合同大会 示説 , 長崎市,2006. 医師に症状を伝えた後、実際にどのような検査をしたか、結果がいつ出て、どのような結果になったのかについても記します。

13

病みの軌跡の書き方

しびれや痛み、むくみなどの箇所、顔色や発熱の状況などを詳しく書いていきます。 また、気になる症状が出始めた時期や、実際に受診した時期も具体的に記録しておくことで、病気の経過を具体的にイメージしやすくなります。

9

日本赤十字九州国際看護大学 中村 光江

2011. 中村光江.ドイツの病院施設におけるスピリチャルケア.秋田大学大学院医学系研究科保健学専攻紀要, 19 1 , 77-83. 22nd International Congress on Palliative Care poster , Montreal, Canada, 2018. 161-164).医学書院.2019. 中村光江,下山節子:5章 研究方法を選択する.下山節子,江藤節代編.さぁ!事例研究に挑戦しよう.所収(pp. 今回、第一報として国内文献を検討した結果を報告する。