チョコレートドーナツのレビュー・感想・評価

LGBTへの理解促進のため、チョコレートドーナツはもっと広く知られて欲しいですね。 \30日間無料/. もちろん経験値のある役者さんは慣れていますが、例えば、クリスマスのシーンを古い8ミリカメラで撮影したシーンは、カメラがうまく作動しなくて結局10時間もかかってしまったあげく、もう一度撮り直さなければなりませんでした。 ショーダンサーとしてゲイバーで働くルディと、検察官のポールはルディの働くバーで出会い、すぐにお互い惹かれ合い交際を始めます。

9

80点【映画チョコレートドーナツ】LGBTの悲しみが表現されている(感想・ネタバレあり)Netflix

そういう意味で、ジャスティンさんはとても素晴らしい女性であり、母であり、そしてプロフェッショナルでもありました。

13

チョコレートドーナツ

(英語)• メディアにも大きく取り上げられる等、異例の大ヒットを記録しました。 日本版、海外版の両方の予告編のリンクをちゃんと貼って頂いててとても親切心も感じました。

2

チョコレートドーナツのレビュー・感想・評価

ただし世間はそうは行かなかった。 ルディやポールの設定も創作。

7

チョコレートドーナツ

主人公・ルディは、舞台『キャバレー』での演技によりトニー賞を受賞したアラン・カミングが務め、圧倒的な演技と歌唱シーンが大きな注目を集めました。

7

【チョコレートドーナツ】映画の感想|胸をしめつけられる結末がずっと心を離れなかった|一目でわかるVOD比較サイト

そしてふたたびの脱走を試みたマルコが放浪のあげく悲惨な運命をたどったことをルディは知る。

10