www.rescatecentral.org : インドの新型コロナ感染者数が大幅に減少、その理由は?

現時点でもっとも知られている発生源は武漢の海鮮市場であり、そこに売られている食材に由来するとされている。

20

首都の感染者1/30に急減 インド、「第3波」懸念も [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

昨春から9月のピーク前までの数カ月間、インドは厳しいロックダウンを実施した。 出典 各国当局、現地メディア、、ロイター調べ デザイン・開発 、、 データ収集・リサーチ Abhishek Manikandan、Aditya Munjuluru、Ahmed Farhatha、Amal Maqbool、Aniruddha Chakrabarty、Anna Banacka、Anna Pruchnicka、Anurag Maan、Anuron Kumar Mitra、Arpit Nayak、Arundhati Sarkar、Cate Cadell、Chaithra J、Chinmay Rautmare、Christine Chan、Daniela Desantis、Diana Mandia Alvarez、Elizaveta Gladun、Emily Isaacman、Enrico Sciacovelli、Gautami Khandke、Gayle Issa、Hardik Vyas、Harshith Aranya、Javier Lopez、Joao Manuel Vicente Mauricio、Juliette Portala、K. 病院にズカズカと入り込んで苦しむ人を撮る、聖なる弔いの場である火葬場を上空から映し、涙に暮れる遺族を報道しているとのこと。

20

www.rescatecentral.org : インドの新型コロナ対応は「世界の間違いを実証」 モディ首相

報告数が減ったのは、検査数の不足や、地元政府が症例数の報告や登録でミスをしている可能性もある。 特に、今年のクンブ・メーラ祭は、12年に一度の大祭に当たり、インド中から修行者が数百人規模で集まってガンジス川で沐浴したことが変異株の拡散につながった。 医療関係者が危惧していたとおり、新型コロナの感染爆発が起きたせいで、ヒンズー教の指導者らの反発を懸念して祭りの開催を中止できなかったモディ政権が窮地に追い込まれているのである。

5

インド型変異ウイルス 「6割の日本人が打ち克てない」可能性も(NEWSポストセブン)

12年に一度行われるインド最大の宗教行事であり、インド北部の聖地ハリドワールなどで12日から開催され、400万人以上の巡礼者が集まったといわれている。 オックスフォード大学が集計したデータによると、100人当たりの接種回数は1回にも満たない。

7

コロナ感染爆発インド「報道で見えない真実」を在住ライターに聞く(FRIDAY)

「インドは圧倒的に人口が多いため、救済は追いついていませんが、この未曾有の状況下、国の各地で支援が展開されているのも事実なのです」 報道から伝わる現実を直視しつつ、背景にある多様性も知る。 2020年2月1日、インドで初めて感染者が確認され、翌3月に日本を含む入国ビザを制限。

7

コロナ感染爆発インド「報道で見えない真実」を在住ライターに聞く(FRIDAY)

世界屈指の糖尿病大国であるインドでは現在、壊滅的なコロナの第二波との闘いが続いており、耳鼻咽喉科の医師たちは、今後数週間のうちにムコール症患者はさらに増えると予想している。 デリー首都圏のアルビンド・ケジリワル()首相は、新規感染者の65%が45歳未満だと語った。 専門家は若年人口の多さや、都市で免疫獲得者が増加している可能性など、いくつかの要因が絡んでいるとにらんでいる。

インドのコロナ感染者で危険な真菌感染症が急増、なぜ?

1週間足らずで、自動車の製造ラインを医療機器向けに作り替えた企業もあります。 この公式サイトなどで「アーユルヴェーダによる免疫アップ処置法」「自宅でできるヨガ」「プラナーヤマ(呼吸法)」などを随時発信。 今後2週間で1日の新規感染者数が増え続ければロックダウンも視野に入れているという。

8

インド型変異ウイルス 「6割の日本人が打ち克てない」可能性も(NEWSポストセブン)

「コロナ独り勝ち」と自信を見せていた中国だが、周辺国が最悪の状況に陥っていく中で、ある懸念が広がっている。 インドでは去年9月をピークにいったんは感染が大きく減り、ことし2月には1日の感染者が1万人以下にまでなっていました。 ジャミール氏は、「ワクチン由来の保護は一部の人々しか享受しておらず、大多数には行き届いていない」と述べ、感染のピークを越えたからといって、次にありうる第2波からインドが守られているわけではないと注意を促した。

18