ビグアナイド薬と乳酸アシドーシス

以下に示す状態の患者への使用は、乳酸アシドーシス発症のリスクが高いため禁忌あるいは慎重投与とされています。 全身性疾患• 糖尿病の合併症について 糖尿病の発症について 糖尿病の血液検査項目について 糖尿病の治療について 糖尿病の生活上の注意について スポンサーリンク 乳酸アシドーシスとは 体内の乳酸の量が増えることで、体が酸性に傾く症状のことをいいます。

9

メトホルミンの副作用:乳酸アシドーシス【薬剤師がわかりやすく説明】

eGFRは腎機能の指標です。

6

メトグルコ錠による乳酸アシドーシスの初期症状を発見か?|リクナビ薬剤師

一つは好気性ルート。

20

糖尿病性乳酸アシドーシスの病態・症状・治療

事例59• 診断・検査 乳酸アシドーシスか否かを診断するには、血液ガス分析で、血中乳酸値を直接測定するのが一番です。 事例25• D-乳酸アシドーシス• ただし日常診療の採血では乳酸の値を測定しないことが多いため、ショック状態などから乳酸アシドーシスの可能性を考える必要があります。

6

乳酸アシドーシスの原因、診断、検査、治療

事例55• 低血糖・糖尿病を疑った場合は、血糖値、HbA1c、尿中ケトン体、血中C-ペプチド、血中ケトン体分画などを評価する。 NADHが糖新生の邪魔をします。 いずれの場合も、乳酸アシドーシスの際の輸液製剤は、乳酸を含む製剤(ラクテックなど)は避け、乳酸を含まない製剤を輸液すべきである。

16

乳酸アシドーシス 日本救急医学会・医学用語解説集

事例16• 運動による乳酸アシドーシスは、水分補給を維持し、運動セッションの間に長い休息期間を提供することで防ぐことができます。 SIRS systemic infallmatory response syndrome• 第一には組織の低酸素状態から嫌気的解糖が進行し,乳酸が過剰に産生される病態が挙げられる。

19

乳酸アシドーシスについて

症状は? 初期症状は? 強い倦怠感、 筋肉痛、 吐き気、 下痢などが初期症状となります。 <禁忌(次の患者には投与しないこと)> 1 次に示す状態の患者〔乳酸アシドーシスを起こしやすい。 事例114• 事例138• 肺疾患のある人• 硫化水素中毒・シアン化物中毒• 低酸素症がある場合の乳酸アシドーシスの原因 低酸素症がある場合の原因は以下のものがあります。

10

乳酸アシドーシス 日本救急医学会・医学用語解説集

事例29• 腎不全やエチレングリコール,メタノール,およびサリチル酸による中毒に血液透析が必要となる。

1
酸素を消費しないルートです 薬学部では必ず習うため、薬剤師であれば誰もが知っている副作用の1つです
第三の病態としては,重症肝不全が挙げられる なお、医師が乳酸アシドーシスと判断したかどうかや、検査値などは不明である