優里ドライフラワーの歌詞の意味を考察!男目線の歌詞も紹介!

運気が下がるのだと。 嫌いになれない彼のことが嫌い。

15

【優里/ドライフラワー】歌詞の意味を徹底解釈!花言葉は永遠、終わりのない愛情。

サビ1 声も顔も不器用なとこも 全部全部 嫌いじゃないの ドライフラワーみたい 君との日々もきっときっときっときっと 色褪せる サビで綴られるのは女性主人公の本音。 そういった別れ後のすれ違いにより、彼は 「グッバイ」と言って彼女を諦めてしまう。 ここで 「僕」の方がよく「合わない」と言っていたのでしょう。

10

【優里/ドライフラワー】歌詞の意味を徹底解釈!花言葉は永遠、終わりのない愛情。

男性は相変わらず自分勝手だけど、元カノとしては、こんな風に自分の事を大事に想ってくれていたら嬉しいだろうな~と、感じました。 ヨーロッパでは「永遠の愛情・感謝・友情」など、肯定的な意味の花言葉が付けられています。

ドライフラワー Uru 歌詞情報

どれもこれも最高で泣いてしまいました。 フランスではドライフラワーの花言葉は 《永遠、終わりのない愛情》という意味で浸透されています。

「ドライフラワー」1番歌詞 意味考察&解説

あじさいが色褪せていくことで、彼女の寛容で辛抱強い愛情も、疲れてしまったことを意味してるのかな。 「変な連絡」「都合がいい」と彼を悪く言うことで、早く断ち切り、彼女自身も先に進みたい思いも感じます。

優里ドライフラワーの歌詞の意味を考察!男目線の歌詞も紹介!

2020年10月25日に優里さんの『ドライフラワー』がリリースされ、大ヒットを続けています。

14

声も顔も不器用なとこも全部全部嫌いじゃないよ。|KANA|note

嫌いになれなかったのです。

15