老いる日まで白髪になるまで、背負って行こう

ハクチョウは、いままで、どんなにみんなから追いかけられたり、ばかにされたりしたかを、思い出しました。 みんなは、パンくずや、ムギのつぶを、水の中へ投げてくれました。

9

醜い私があなたになるまで第13話のあらすじ・ネタバレ・感想を紹介!第14話の考察・予想&発売日も

「きみはまた、おっそろしく、みっともないかっこうをしているな」と、野ガモたちは、言いました。

みにくい わたし が あなた に なる まで

「ですから、かっこうのわるいなんてことは、どうでもいいことだと思いますわ。 夢子に責任を全部押し付けて自分がカリスマに舞い戻るんだと叫び続ける絢の発言を聞いて、部長は絢を 解雇だと言い放ちます。

12

高齢化のなかで聖書から何を聴くか

「ちょいと、どんなぐあいかね?」と、そのとき、おばあさんのアヒルが、お見舞いにきて、こうたずねました。 庭には、リンゴの木が美しく花を開き、ニワトコはよいにおいをはなって、長い緑の枝を、静かにうねっている掘割りのほうへ、のばしていました。

11

みにくいアヒルの子

「なんでこいつなの?ここにいたのはあたしなのに…」 そう呟くと、雑誌をびりびりに破き始めるのでした。 そのとき、アヒルの子がまだ見たこともないような、美しい大きな鳥のむれが、茂みの中からとびたちました。 見れば、あのみにくい灰色の子も、いっしょに泳いでいます。

10

みにくい わたし が あなた に なる まで

こういう詩です。 旧約聖書 イザヤ書46:4[新共同訳] 35年間、サンディエゴの北にあるローレンスウエルクに一年間に一週間だけ所有するタイムシェアーの別荘を持っていました。

8

ハンス・クリスチャン・アンデルセン Hans Christian Andersen 矢崎源九郎訳 みにくいアヒルの子

ハクチョウのむれは、ふしぎな声をあげながら、美しい大きなつばさをひろげて、寒いところから暖かい国へいこうと、広い広い海をめがけて、とんでいくところでした。 「ああ、これも、ぼくがみっともないからなんだなあ!」と、アヒルの子は思って、目をつぶりました。 なかでも、シチメンチョウは、生れつき けづめを持っていたので、皇帝のようなつもりでいたのですが、それだけに、このアヒルの子を見ると、帆に風をいっぱい受けた船のように、からだをぷうっとふくらませて、つかつかと近よってきました。

6