古文 枕草子

本文と現代語訳 中納言まゐり給ひて、御扇 奉らせ給ふに、「隆家こそ いみじき骨は得て侍れ。 このようなことは、ばつが悪いことの中に入れておくべき(記録したくないことなの)だが、「一つも書き落とすな。 学校で教材にされることが多く、敬語問題の定番としても出題されることから古典初心者を大いに悩ませる章段です。

4

『枕草子』「中納言参り給ひて」

こちらは、前に見直すとよいかもしれません。

6

『枕草子』「中納言参り給ひて」

そこで、鋭い感性の持ち主の清少納言のことだから、「くらげのななり」という返しをしたと考えたら十分あり得ることではありますよね。

枕草子『中納言参り給ひて』をスタサプ講師がわかりやすく解説&現代語訳!【高校生なう】|【スタディサプリ進路】高校生に関するニュースを配信

まことにかばかりのは見えざりつ」と、言たかく のたまヘば、「さては、扇のにはあらで、海月のななり」と きこゆれば、「これ隆家が言にしてん」とて、わらひ 給ふ。 音便: 水色マーカーです 本文 大納言殿 参りたまひて、書のことなど 奏したまふに、 例の、夜いたく更け ぬれば、御前 なる人々、 一人二人づつ失せて、御屏風・御几帳の後ろなどに、 皆隠れ臥し ぬれば、ただ一人、眠たきを念じて 候ふに、 「丑四つ。 て=強意の助動詞「つ」の未然形、接続は連用形。

8

古文 枕草子

誰も見たことがないめずらしい骨だ、と中納言が言うので、それならば、それはくらげの骨ではないか、と清少納言が機転を利かせて言った。

12

敬語で主客を判別 枕草子「中納言参り給ひて」で実践練習!

『まったく今まで見たことのない 「いかやうにかある。

1

「中納言参りたまひて」の敬語の向き・敬語表現と現代語訳

二重カッコd『さらにまだ見ぬ骨のさまなり』は、隆家が引用した人々の言葉です。