【やりすぎ都市伝説】島田秀平 エコノミストの予言!2021年予測

2021年はどのようなメッセージが隠されているでしょうか。 〔特集〕世界急回復のワナ リスク5 「次のアルケゴス」 買われ過ぎのジャンク債 緩和縮小なら価格暴落も=馬渕治好• 2018年11月 カラチにある中国が襲撃され、市民と警察官4人が死亡。

15

週刊エコノミスト 2021年4月27日号

風車の上には $マーク。 「TRUMPBREXITAITOKYO…」と文字が並んでおり、区切ると、トランプ、ブレグジット(英国のEU離脱)、AI(人工知能)、東京(五輪開催地)などと重要なことが記されているが、どこが予言なのか。 一説によると、アメリカが核攻撃を受けるという意味だと言われています。

【エコノミスト2021表紙についての考察】スロットマシーンの絵柄が暗示する未来

このウイルスは最初に登場した新型コロナウイルスとは違うモノだろう。 グリーンランドの特徴• 〔特集〕世界急回復のワナ リスク3 遅れるワクチン アストラゼネカ、J&J製 副反応で使用制限の動き=前田雄樹世界急回復のワナ 世界は再び都市封鎖へ 強力変異株が最悪シナリオ=小玉祐一• 以前、「」という記事で、「ワールド・イフ」の表紙考察をしましたが、米中衝突の根深いところにあるのは、エネルギー資源問題であり、南シナ海でいつ戦争が勃発するかわかりません。 また、この「?」ですが、これはの収束がわからない、もしくはワクチンの副作用の危険性や、今後の人口がどうなるかわからない、マスコミやばかりに踊らされてどうすればいいのかわからない、コロナとは別のまた新たなが発生するなどと予測しています。

2

✨Great Reset~ エコノミスト2021表紙図から思うこと

国民の総数に値するワクチンを社から 買い付けている 最終合意書を12月10日に締結したのですでに確定 壮大な人体実験がはじまる 検体になる人たちは打ったらいい オラは絶対打たない これ、本当に未来への懸念として ワクチンの副作用とか未知数で インフルのワクチンは三種から二種選ばれ 毎年WHOがその認可だしてるけど はその変異性が非常に高いうえ 本来なら臨床の時間と数を積み上げるところをすっ飛ばしても普及 いまだからできる デタラメな. これははまだまだ続き、ワクチン接種することになるのではないかと思われます。 。

2

(2ページ目)【予言】エコノミスト2021表紙の怖い暗示! グレートリセット、イルミナティ、数字の「21」、日本に脅迫、大島てるが…!ートカナ

ギルギット・バルチスタン州 人口 約2百万人 民族 ダルド人、人、など 言語 主に、その他シナー語、バルティ語、ワハン語など 特色 アザド・と同じく、国境紛争を抱える中でが実効支配する地域である。

14

【初の都市伝説系】エコノミスト2021表紙(The Economist 2021)を考察してみました。

本日11月23日を現わしてるのでは? 短針が11で、長針が2と3の間にある。 新たなビジネスチャンスの到来か。 今までの考察… それにしても、そもそもなんでスロットなのかも謎ですね。

週刊エコノミスト 2021年4月27日号

ウィルスの色も、一般的にウィルスのイラストって黒か紫が多いですが、このウィルスは赤色になっています。 甚だ疑問である。

1

【やりすぎ都市伝説】島田秀平 エコノミストの予言!2021年予測

そして系の雑誌だということもお忘れなく。 赤で囲った " MARS XI"の文字列に、日本を指す言葉「 枢軸国 AXIS」があります。 右下は、景気刺激ファンドを入れてと書いてます。

15