「ブルース有機化学」に関するQ&A

1 予習• 14.14 NMR分光法の基礎• 20.1 ヌクレオシドとヌクレオチド• 4.7 アルケンはどのように反応するか・曲がった矢印は開裂する結合と生成する結合を示す• 3.7 アルカン,ハロゲン化アルキル,アルコール,エーテル,およびアミンの物理的性質• 8.3 芳香族複素環化合物• 5.14 アセチリドイオンを用いる合成• 14章 有機化合物の構造決定• 5.16 合成高分子• 7.10 紫外・可視分光法• 15.8 グルコースの立体化学:Fischerの証明• 有機化学は学ぶべき内容が非常に多くあります。 9.3 SN2反応に影響を与える要因• 8.7 ベンゼンのハロゲン化• 16.10 タンパク質の二次構造• 20.7 3種類のRNAがある• 有機化学I・IIの2期1年間では、教科書の内容をすべて網羅することはできません。

15

ブルース有機化学概説 第3版の通販/Paula Y.Bruice/富岡 清

10.2 アルコールの置換反応• 12.9 アルデヒドおよびケトンとアルコールとの反応• 12.2 カルボニル化合物の反応性の比較• 9.3 SN2反応に影響を与える要因• 17.10 ビタミンB12• 15.10 グルコースは最も安定なアルドヘキソースである• でも、それに頼っていては、いつまでたっても「正解のない問題」に取り組む姿勢が生まれてきません。 11.3 カルボニル化合物の物理的性質• 2 復習• 8.9 ベンゼンのスルホン化• 10.1 アルコールの命名法• 20.6 RNAの生合成は転写と呼ばれる• 9.7 ハロゲン化アルキルの脱離反応• 問題21 ・エステルの無触媒加水分解反応が遅い要因を4つ述べよ。 19.3 油脂• 3.10 シクロヘキサンの立体配座• 3.2 アルカンの命名法• 18章 代謝の有機化学• 14.22 1H NMRスペクトルのそのほかの例• 11.14 カルボン酸誘導体の合成• 8.12 ベンゼン環上の置換基をどのようにして科学的に変換するか• 19.4 リン脂質は膜の成分である• 17.8 ビタミンH• 14.8 特徴的な赤外吸収帯• 3.6 ハロゲン化アルキル,アルコール,エーテル,およびアミンの構造• 18.4 炭水化物の異化• 13.10 アセト酢酸エステル合成:メチルケトンの合成法の一つ• 19.5 テルペンは5の倍数の炭素原子を含んでいる• 特徴としては生化学にも注力していることと、このレベルの教科書ではあまり見ない、 分子軌道を使っての解説が度々でてきます。

16

解答と解説

12.8 アルデヒドおよびケトンと水との反応• 通常の病欠(感染症による出席停止以外)は、診断書があっても配慮せず0点としますので、ご注意ください。 有機化学は学ぶべき内容が非常に多くあります。 8.5 ベンゼンの反応• 1.7 有機化合物中の結合はどのようにして形成されるか• その他の物品は参照不可。

13

『有機化学が苦手な方に読んで欲しい』 オススメの有機化学参考書

9.14 生体内のメチル化剤• 19.8 合成ステロイド• 9.6 ハロゲン化アルキルのSN2反応とSN1反応との比較• 質問事項があれば、書き出す。 20.10 DNAの塩基配列はどのように決定されるか• 11.11 カルボン酸の反応• 21.3 分子修飾• 19.8 合成ステロイド• 14.16 1H NMRスペクトル中のシグナルの数• 21.9 抗ウイルス薬• いちいちフォローはしませんので、版の違いについては自力で解決して下さい。

11

『有機化学が苦手な方に読んで欲しい』 オススメの有機化学参考書

19章 脂質の有機化学• 練習問題やコラム、用語解説等も収録。 6.6 R,S表記によるエナンチオマーの命名• 12.1 アルデヒドとケトンの命名法• 「ブルース 有機化学概説 第3版」化学同人 (「概説」と呼びます) 版は上の通りでなくても構いませんが、異なる版だと内容にかなりの違いがある場合があります。 5.1 ハロゲン化水素のアルケンへの付加• 17.3 アルドラーゼの反応機構• 6.5 エナンチオマーの書き方• 1.10 メチルカチオン,メチルラジカル,およびメチルアニオンの結合• 12.1 アルデヒドとケトンの命名法• 8.4 一置換ベンゼンの命名法• 11.9 酸触媒によるエステルの加水分解• 19.4 リン脂質は膜の成分である• 20.11 ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)• 17.4 補酵素とビタミン• 教科書の章末問題から、自分ができそうなものを選んで取り組んでおく。

14

「ブルース有機化学」に関するQ&A

7章 非局在化電子が化合物の安定性,反応性,およびpKaに及ぼす効果:紫外・可視分光法• ページ数もブルースの半分以下で、お値段も半分以下で手に入ります。 11.14 カルボン酸誘導体の合成• 7.4 共鳴寄与体の書き方• 8.15 配向性に及ぼす置換基の効果• 14.3 質量スペクトルにおける同位体• 1.9 三重結合はどのようにして形成されるか:エチンの結合• 11.5 カルボン酸とその誘導体はどのように反応するか• 21.6 受容体• 20.10 DNAの塩基配列はどのように決定されるか• 10.6 エーテルの命名法• 持ってる参考書は ・ 「電子の動きでみる有機反応. 16.13 タンパク質の変性• 3.4 ハロゲン化アルキルの命名法• 14.24 13C NMR分光法• 11.12 アミドの反応• 8.2 芳香族性の定義の応用• 20.4 DNAの生合成は複製と呼ばれる• 3章 有機化合物の基礎:命名法,物理的性質,および構造の表示法• 12.3 アルデヒドとケトンはどのように反応するか• 11.4 天然に存在するカルボン酸とカルボン酸誘導体• 予習・復習について 本講義では、 講義時間の2倍の自習時間をとることを要求します。 21.3 分子修飾• 16.8 タンパク質の構造の基礎• 分かりやすい日本語訳とカラフルな図表で丁寧に書かれているのに加えて、生化学分野にも力が入っているので、化学系以外の薬学系の学生が化学を学ぶ時の教科書としても使われています。

ブルース有機化学のレベルは学部生に丁度良い。他の教科書との評判を比べてみました!

11.7 塩化アシルの反応• 10.2 アルコールの置換反応• 11.13 酸触媒によるアミドの加水分解• ブルースの前はマクマリーの概説を授業でしていたので大体の内容は理解できています。 。

解答と解説

。 。 。

13

【大学院入試】有機化学の対策と勉強方法【おすすめの参考書も!】

。 。

10