地震予知 国内M6注意継続中 残り4日間です

東北~関西M6注意は継続中です。 ロシア・ヴォスコフ博士の地震予知サイト ロシアの地球物理学者 ヴォスコフが毎日発信している。 興味がありましたら、 などをご覧になってみてもよいかと。

17

流れが変わりました 大きめ体感、ひのでスタンバイ国内M7警戒です

今現在で一番注目されているのが、JESEA 地震科学探査機構 でしょうか。

3

地震予知 国内M6注意継続中 残り4日間です

JESEAの予測も、熊本大分地震は予測されていませんでした。 これは宮崎反応のM5注意の対応でしょうか。 下にも貼りますが色んなデータが反応再発しています。

19

地震予知 国内M6注意継続中 残り4日間です

なので今後も色んな事をもとに 発信していってもらいたいと思います。 全くのデタラメなので,今後二度と見る必要はありませんよ.それは,先の回答にもあるMEGA地震予測も同じです.というか,今のネット上に信用に足る地震予測は無いと思っていいです.どれも,期間が長かったり,M6以下の小さな地震を対象にしていたり,そもそも論文が無かったりと,子供の遊びレベルです. グラグラですが,年がら年中,それこそ毎週,毎日のように『地震が来る』と呟いていて,下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるを実践してるだけの人ですね.でも,実際には大地震は数年に1度なので,グラグラがデタラメであることは自明です.そもそも論文が無いので科学的根拠がありませんが. そしてそれは,MEGA地震予測も同じです 査読論文により無関係な第三者の検証を受けていない,科学的根拠のない手法で有料サービスをやっている分,グラグラよりも悪質 .MEGA地震予測も,長期間に渡って日本の殆どの地域に予測を出しているので,これも下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるというだけです. 科学的根拠のない状態で予測を乱発しているだけなので,頻発する小さな地震はそこそこ当たりますが,あまり発生しない大きな地震は当たりません.実際に,熊本地震も大阪府北部の地震も予測できなかったんですよ. そもそもGPSの観測ノイズを除去していない疑惑を繰り返し指摘されていますが,何年経っても適切にやっていることを証明する論文を出さないので,批判が出るのはJESEAの自業自得です ちゃんと研究しているなら論文出せばいいだけの簡単な話ですから . 地震に対する対策としては,ネットに氾濫しているデタラメ地震予測からは距離をとって,昔から言われている対策をキッチリすることです.つまり,家の耐震性の確保,家具の固定,食料や非常用グッズの備蓄,避難所の確認といった,いつ地震が発生しても役に立つ備えです. 私は地震に関する研究者でも気象庁関係の人間でもありませんので、わつぃの知りうる知識の範囲で。

19

流れが変わりました 大きめ体感、ひのでスタンバイ国内M7警戒です

海外では地磁気の変化を研究して地震の予測につ泣けているとか、いろいろな例もあるようです。 そして 約1ヶ月続いたデータ大静寂からのスーパースタンバイが解消されています。

9

流れが変わりました 大きめ体感、ひのでスタンバイ国内M7警戒です

大分の画像なんですが 真っ黒になってます。

12