夏目漱石『こころ』の先生は文学史に残る卑怯者である #1_2|光文社新書

私の頭には再び先生の顔が浮いて出た。 夏目漱石の「こころ」をはじめ、文学なり小説はどれも色々な読み方ができるものである。 学校の授業で一度学んだという方も、実際の作品を読むことで感じることはきっと違うと思うので、ぜひもう一度読んでみてください。

20

名著「こころ」の中で紡がれる夏目漱石の想い。あらすじを簡潔に紹介

背景 [ ] 漱石がのに影響を受け執筆した作品である。 というか日常で『こころ』のことなんてまっっっったく1㎜も考えることなんてなかったのに、急に頭に思いついたのが怖い。

こころ(夏目漱石)のあらすじ | あらすじ

しかし私はいつでも先生に付属した一部分のような心持で奥さんに対していた。 房州を二人で旅行していた際に、海の波を見て楽しんでいた先生に対して、Kはお寺のお坊さんの話に興味を持った。 しかし、親しくてもそこに愛情はなく、先生は縁談を断ります。

こころ/夏目漱石のあらすじと読書感想文

そうして先生といっしょの方角に泳いで行った。 このような事前警告をしないのは、明治であろうが令和であろうが、納得できない点だと思うのです。

20

夏目漱石 こころ

「先生のお宅の墓地はあすこにあるんですか」と私がまた口を利き出した。

名著21 『こころ』:100分 de 名著

当初は大病ながら元気にしていたが、明治天皇の崩御に伴い、生きる気力が次第になくなり、衰弱して行く。

3

夏目漱石『こころ』のKが自殺した理由|まひる|note

(奥さんの名は 静 ( しず )といった)。

1

こころ/夏目漱石のあらすじと読書感想文

Kは学費や生活費も払えず大学を中退しなければならないところまで追い込まれたのですが、先生は見るに見かね、奥さんを説き伏せて自分のいる下宿先に一緒に住むことにしました。 大学卒業後、「私」は汽車で故郷へ戻りました。

17