テレビで政治運動を展開『羽鳥慎一モーニングショー』 脆弁、逆ギレ、玉川徹は何様のつもり|藤原かずえ

「男性を意識するようになったのは、その先生が最初だと思います」 「もちろん、まだ同性愛やゲイなんて言葉は知らなかったですよ」 当時、テレビ番組に保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)というキャラクターが出ていた。

13

藤原かずえ氏、辻元清美を褒め殺す

この時に登場したのが、不運のキャラクター『マイクロソフト・ボブ』だ。 散財せずに備えること 保険会社の仕事は向いていたようで、いい成績を上げられた。

4

人工知能とコンピューターの未来を握る『ベイズ理論』(上)

『の正体』 『三代』などの著書でも知られる氏は、の使命はチェックにあるとし、来る日も来る日もひたすらを斬りまくってい。

9

人工知能とコンピューターの未来を握る『ベイズ理論』(上)

ここで、与えられた情報から必ず特定の立場にとって好ましい結論を導くには、論証抜きに結論を出す( 論証不全)か、前提となる情報に操作を加えて結論を出す( 論点歪曲・論点隠蔽)か、情報を分析する論理に操作を加えて結論を出す( 論点相違・論点変更)ことが必要となります。 「21世紀は『ベイズの世紀』だ。 怒りを持続させて、この政権を認めるべきか否かを僕らの側が議論する段階に入ってくる(サンデーモーニング、2015年9月13日)。

[B! 報道] 「素養」も「資格」もない “ある種”ジャーナリスト青木理|藤原かずえ

「カミングアウトを勧めるわけではないけど、その人が何かの一歩を踏み出すきっかけになれたらなって」 動画をアップすると、「自分は1人だと思ってたけど、いろんな人がいたんだ」というコメントが届いた。 そういう立憲主義を無視する政権を、はたしてこのまま存続させるべきなのか。

14

藤原かずえ氏、関口宏を斬る

「お父さんは強く怒るわけじゃないけど、やっぱり怖かったです」 「お母さんは、怒りはしなかった。 「僕の働いていた職場では、男性って30歳を超えるとウエディングプランナーを続けにくくなるんですよ」 女性は年齢を重ねるごとに、ベテランプランナーとして頼りがいが出てくる。 それだけでなく、完全に違憲と言われているのに採決を強行する。

「これからの機械は、今以上に複雑な状況の中でもっと多くの判断を下すよう求められるようになる まさに、公共の電波が特定の思想を持った私人に乗っ取られてしまったと言えます
めちゃくちゃ韓国おかしいってことが立て続けに起きる 笑 ほんとこの人のユーモアのセンスは素晴らしいと思う 「かっこいいなって感じる人は、いっぱいいましたよ」 「でも、小学校の担任みたいに、1人を好きだと思うことはなかったです」 特定の誰かとつき合いたい、という思いは抱かなかった